霧島美装は、鹿児島県にて水垢うろこ・油膜除去する浴場ガラス研磨専門の会社です。

ガラス研磨

HOME > ガラス研磨

浴場ガラスの「ガンコな汚れ」を落とし、もと通りの輝きに!

ミクロン単位で細かく処理する「ガラス研磨」

なぜ、大浴場のガラス・鏡に、水垢うろこが付くのでしょうか?

ホテルや旅館、スーパー銭湯の大浴場の窓ガラス・鏡に付着した「水垢うろこ」。その原因となるのは、温泉成分であったり、水に含まれるミネラル・金属成分が、ガラス面と化学変化を起こして結晶化したことにあります。

また「白く濁る」のは、ガラス研磨で使用する「外壁用洗浄剤」も原因の一つ。外壁用洗浄剤は水垢が落とせる一方で、洗浄剤がガラスの表面を侵し、白くなってしまうことがあります。

浴場ガラス・鏡が、もと通りの輝きに!ミクロン単位で細かく磨く「ガラス研磨」。

メリット1
どんな水垢うろこ・油膜を徹底除去!

霧島美装では、高回転の専用研磨機、特殊なコンパウンドを使用した「ガラス研磨システム」を採用しています。従来の研磨よりも、3ミクロンレベルで「広く・浅く・滑らか」に研磨。しつこい水垢うろこ・油膜等を取り除くことが可能です。さらに、現在入っている細かな傷もなくすことができます。

メリット2
ガラスの交換コストを削減!

水垢うろこ・油膜等がついたガラスや鏡は、交換するのに手間とコストがかかるもの。仮に交換したとしても、数か月後には汚れます。霧島美装なら、しつこい汚れがスッキリ! ガラス交換より、コストが半分以下で済みます。

ガンコな汚れ完全除去!微細な研磨なので、傷がつきません!

before

after

ガラス研磨のしくみとは?

ガラス研磨といえば、1,500回転のポリッシャーで磨くのが一般的です。そのとき粗いコンパウンドから細かいコンパウンドへと段階的に慣らしながら、透明になるまで磨き続けます。そうした場合、作業効率が悪いうえに、何度も削るため表面に歪みが出てしまいます。

当社のガラス研磨は、4,500回の高速回転による熱を利用。始めから透明のままで作業し、パットもコンパウンドも1種類だけしか使用しません。工程が1回で済むため、ガラスの歪みにくいうえに、作業時間の短縮につながります。